【彼女の作り方その】思わず女性が惚れてしまう、ビクン!っとなってしまう【名前の呼び方】

恋愛レシピです、

今回は、「女性が思わず惚れてしまう呼び方」をお話しします。
※音声授業はこちら!
https://youtu.be/jqfspIMFDP0

まず、今日覚えておいて欲しい事が、

99%の男性が、女性の名前の呼び方を間違えているという事です。もし今、あなたが好きな女性、恋愛対象の女性を、このように呼んでいるなら、直ちに呼び方を変えないと、

好感度が下がってしまう。

気持ち悪い!

そう思われてしまいます。その呼び方、NGな呼び方は3つあります。

①「〇〇さん」と呼んでしまう。敬語を使ってしまう。

②「▷▷ちゃん」と、「ちゃん」付けで呼んでしまう。

③「あだ名」で呼んでしまっている。

この3つは、女性を惚れさせる上では、絶対にやってはいけません。何故なら、 ①の「さん」付けや、敬語を使った時点で、女性はこう思います。

・何で、こんなに気を遣っているんだろう?

・なんか、よそよそしいな。

・弱々しい男性だな。

そう思われてしまいます。僕は、こうなってしまう男性側の気持ち、よく分かりますし、好きな女性ほど、実際にそうなっていました。本当に気を遣ってしまうし、そもそも、好きな子と喋るだけで緊張してしまいます。粗相がないように、失礼がないようにとやっている事が、実は、完全に女性から見たら裏目。これ程、辛い事は、ありません。

また、②と③に関しては、今度は、「気持ち悪い!」とか、「馴れ馴れしい」とか、そう思われてしまいます。これは、これでなかなか辛いです。

「じゃあ、どうすりゃいいんだよ!」

ここまで読むと、あなたはそう思うかもしれません。しかし、実は、ちょうどいい、正解の呼び方というのは、勿論存在しています。それをここから、お話しします。特に、真面目で誠実な人ほど、①のように敬語や、さん付けをしてしまいがちですが、ここからのやり方を知って、どんどん女性を「ビクン」っとさせてあげてください。

では、その正解の名前の呼び方をお話しする前に、1つ大事なお話があります。

それは、【女性を一括りにしてはいけない】という事です。

そして、これを理解しておかないと、名前の呼び方は上手くいっても、その他の場面で、失敗してしまう可能性も否めなくなってしまいます。だからこそ、まずは、ここをキチンと覚えておいてください。

女性には、2つのタイプがあります。あるタイプの女性にやっても、大丈夫な行動。好感度が上がる行動をしたとしても、もう1つのタイプの女性に同じ事をすると、好感度が下がり、尚且つ嫌われてしまう。そんな行動があります。

嫌われる=もしかしら、2度と会えなくなるかもしれない。そんな致命的なミスもここには、含まれてきます。どうですか?

今、あなたに好きな女性がいて、その女性に良かれと思ってやっていた。誠実に真面目に、ただ一途な思いを伝えたくてやっていた行動が、実は、嫌われてしまう行動だったとしたら…こんな悲しい事は、ないですよね。

例えば、今回の女性の呼び方で言えば、「オマエ」という呼び方があります。

これ、一般論でまず考えてみると、どうでしょうか?

「オマエ」、これを基本的に女性に対して、

⒈いや、こんな失礼な言い方はない!こんな呼び方不謹慎だ!

と思われた方もいれば、

⒉あれ?俺、たまに日常で、言ってしまっているよ!?

そう思った方もいらっしゃいませんか?

正解を言うと、これは、正にタイプ別というのが答えで、

・あるタイプの女性にとっては、1発でアウトになる呼び方であり、

・あるタイプの女性にとっては、実は、これくらい粗野に扱われると嬉しい、

不思議ですよね。同じ「オマエ」と呼んでいるのに、この反応の違いがあるなんて。ただこれが、実は僕達男性が、知らない女性に本心であり、真実なのです。

そもそも、あなたはどう思っていましたか?女性を「オマエ」と呼んでもいい、もしくは、ダメだと思っていましたか。僕は、これを知るまで、女性を「オマエ」と言ったら、マズイと思っていました。

理由は、やはり横柄に感じさせてしまうとか、女性に偉そうに思われてしまうから、ダメだとか。そういう風に親を見ていたり、価値観として、思い込んでいました。でも、これは、正に世論というか。世の中で、出回っている巷の恋愛本とかにも、こう書いてあるんですよね。

「女性をオマエと呼ぶな!幻滅されるぞ!」

こう書いてあるのを、読んだ事もあります。実は、世間の恋愛本とか、一般的恋愛論って、ほとんどこうなっています。その理由は、この「オマエ」と呼んだら、激怒する。1発でアウトになるようなタイプの女性を攻略する、そのためのテクニックしか、出回っていないからです。

このタイプを、ここでは『姫』と呼ばせてもらいます。ネーミングは、そのままで、いわゆる『お姫様扱い』をしなければいけない女性。そういうタイプだからです。

要は、偉そうな態度や横柄な態度を、男性にされるのを嫌う女性。まずは、そう思ってもらって構いません。どちらかと言うと、ちやほやしたり、特別扱いされる事を好む。こんなタイプの女性です。

そして、残念ながら『姫』というタイプの女性を攻略する。その方法しか、実は巷の恋愛テクニックには、載っていません。まあ、一般的に男性が憧れるタイプの女性にこういう子が多い。そういう理由もありますが、勿論、全員が全員、このタイプではありません。最も、そもそも世間では、分類分けすらされていませんが。

このため、巷の恋愛本を読んでいても、或いは、友達に相談とかしても、僕達男性が、思ったように女性に対応出来ないとか、「あれ?なんで、本に書いてある通りにやったのに、失敗するんだろう?」となってしまうのは、このタイプ別に対応が違うことを、具体的に知らない。対応が取れない。だから、上手くいきません。

でも、裏を返せば、このタイプ別の攻略法さえ知っていれば、

女性は、落としたい放題です。

だって、失敗しませんから。やってはいけないと分かっていて、好きな女性の前で、あえてNG行動をしてしまう人は、いません。皆、手探りだから、何が正しいか分からないし、好きな子に対して、絶対失敗したくないから、巷の情報を鵜呑みにして、正しいと思って、行動してしまう。そして、振られてしまう。

こんな事が起こってしまうのです。

失敗してしまう大きな理由は、もう1つのタイプの女性への、正しい対応を知らないから。これだけなんです。そして、実は、世の中の女性を分類分けすると、先ほどお話しした『姫』が、3割で、あとは皆、『もう1つのタイプ』なのです。

つまり、圧倒的に『もう1つのタイプの女性』が多い。だから、巷の恋愛テクニックをいくら勉強しても、7割の女性には、通じないのです。

でも、これは、あなたのせいではありません。世の中の、なんちゃって恋愛テクニック、ニセモノのテレビや雑誌の情報が、全て悪いのです。だから、ちゃんと今日、女性には、2つのタイプがある。これを知っておくだけでも、あなたの周りや、ライバルなんかに圧勝できますし、正しい対応が出来れば、圧倒的にモテまくります。

だからこそ、女性を一括りにしてはいけない。今日は、必ずこれを覚えておいてください。

さて、その7割のもう1つのタイプ、これを何と呼ぶかと言うと、『召使い』と、ここでは呼んでいます。『召使い』というのは、『姫』と真逆のタイプという意味で、あえてこう呼んでいますが、要は、『姫』にように特別扱いされたり、チヤホヤされたりするのを、あまり好みません。

何となくそれを他人行儀に感じたり、よそよそしく感じてしまい、逆に本音を話してくれているように感じない。そんな風に思ってしまうタイプです。つまり、このタイプの女性こそ、

〇〇さんとか、敬語を使ったりしたら、アウト。

相手からしたら、その気遣いが逆にむず痒いとか、ちょっと距離を感じてしまう。そうなってしまうという事です。

ここまでをまとめると、女性には2つのタイプがある。だから、どっちのタイプかキチンと見抜いて、名前の呼び方1つ取っても、正しい対応をしなきゃいけないよ、っていう事です。

ここまで読んだくださった、あなたは、本当にこの2つのタイプの女性の見分け方が、いかに大事か。それを分かってくださったと思います。それ以外にも、

・デートでの対応であったり、

・普段の会話などでの言葉遣いであったり、

・或いは、ちょっとした、いわゆるレディファースト1つ取っても、

このタイプ別を見分けていないと、あるタイプには響いても、あるタイプには、何とも思われない。逆に好感度が下がってしまい、振られる確率が高くなる。そう思うと、これを知っておかないと、怖くなりますよね。

特に好きな女性が、『姫』か『召使い』。これが分からないと、攻め方が全く違ってきます。僕がそうでしたが、今まで恋愛というものは、訳がわからないもの。何となく上手く行くときは、上手くいって。偶然と運と、そういったものに任せていました。

でも、それは、違います。僕の先生が教えてくれました。恋愛は科学です。明確なやり方があり、そして答えがあります。だからこそ、あなたが今、本当に好きな女性がいるなら、この明確なやり方、それこそ、今日のお話し、女性のタイプによって名前の呼び方から違う。単純に女性のタイプによって、やる事が変わってくる。

それは、必ず覚えておいてください。

ただ、これを知っていると、僕も既に実証済みですが、面白いくらい恋愛が、上手くいきます。何故なら、いつも好きな女性に限って振られてばかり、彼女もなかなか出来ず、出来たとしても、なんかよく分からんけど、付き合えた。でも、結局、振られた。そんな事を繰り返していたのに、この恋愛を勉強するということをしたら、

それ以降、本当に狙って好きな女性と付き合えるようになり、最終的には、心底惚れた女性と結婚できましたから。

これは、自慢とかではなく、本当に知っているだけで、誰もが出来るよという事です。だからこそ、この機会に恋愛を勉強していきましょう。

もっと詳しく「女性の2つのタイプ」の詳しいお話をしておきたいですが、ちょっと長くなりそうですので、よろしければ、それは、こちらから無料テキストを手に入れて、ご覧ください。

で、ちょっと話しは逸れましたが、では、女性に対する正しい呼び方とは何か。これは、

『召使い』タイプの女性には、呼び捨て。これが正解です。女性との、これまでの関係性にも勿論よりますが、基本的には、敬語などは使わず、呼び捨てで呼べる関係がベストです。こう思っておいてください。

逆に『姫』は、先ほどの「オマエ!」というのは、完全にアウトです。これは、1発で嫌われます。『姫』の場合も1番の正解は、呼び捨てですが、実は、それ以上に強力な呼び方があります。それは…、

これは、有料コンサルを受けた方にだけ、特別に教えている事でした。ですので、今、ここに書くと怒られてしまうので、ちょっと割愛します。

じゃあ、あなたの好きな女性は、『姫』か『召使い』か。これを見分ける方法は、今、無料メルマガを登録して頂いた方に、特別テキストをプレゼントしています。ですので、今すぐ手に入れてください。

『女性のタイプ別攻略法』を完全無料で公開中!
下記URLから公式メルマガ(無料)に登録して今すぐ手に入れてください。
https://my153p.com/p/r/TZE1TfS9

ただ、もっと詳しく知りたい、今すぐあなたの好きな女性と付き合いたい。或いは、僕の好きな女性は、どっちのタイプなのか、さらに詳しく知りたい方は、Skypeコンサルを受けてみてください。今日の、『姫』の特別な呼び方も、ここでお教えしますので。

【Skypeコンサル希望の方は、こちら】
https://note.mu/homeschooleryou0/m/m5285be65a997

まずは、あなたの女性のタイプをキチンと見抜きましょう。そして、これを勉強して実践してください。好きな女性と驚くくらいスムーズに、付き合えますよ!次回も、更に詳しい恋愛テクニックをお話しします。楽しみにしてください。

恋愛レシピ

※この文章の著作権は全て恋愛レシピにあります。
著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても
複製、転載、流用、転売等することを禁じます。の掲載
(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)の一切を禁じます。

また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。
上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。
当コンテンツはあくまでも個人の使用にとどめてくようご注意ください。